EVERY 芸能ニュース
エンタメの「今」がわかる
アナウンサー

石井亮次アナのフリーになってからの年収に驚愕!【ゴゴスマ】

現在はフリーアナウンサーの石井亮次さんですが、元々はCBCテレビ所属の局アナになります。

お昼の情報番組「ゴゴスマ~GO GO!Smile~」にメインMCとして出演しています!イケメン・高身長・しゃべり方もとても穏やかで、お茶の間の主婦から熱い支持を受けている現在、最も脂がのっているアナウンサーになります。

そこで今回は「石井亮次アナのフリーになってからの年収に驚愕!家族構成も徹底調査!」と題しまして、石井亮次アナウンサーについて調べていきます!

 

画像出典:https://jisin.jp/entertainment/interview/1852105/

スポンサードリンク

石井亮次アナウンサープロフィール&経歴

画像出典:https://www.chunichi.co.jp/article/289577

■名前:石井亮次(いしいりょうじ)

■生年月日:1977年3月27日(2021年9月現在 44歳)

■身長:181cm

■血液型:O型

■出身地:大阪府東大阪市

■出身校:同志社香里中学校
同志社香里高校
同志社大学文学部卒業

■所属事務所:ジャパン・ミュージックエンターエイメント

■趣味:家族と外食・カラオケ

■特技:ものまね

同志社大学文学部へ入学します。大学在学中には、毎日放送の本社に近いアナウンススクールにも通っていました。

大学4年生の時には朝日放送のアナウンサー職にも応募してましたが不採用になっています。大学に籍を置いたまま翌年、在阪・在京・在名各局のアナウンサー採用試験を受けた結果、 中部日本放送への入社内定を勝ち取ります。

2000年4月1日よりアナウンサーとして中部日本放送に入社します。はじめはスポーツ実況から始まり、その後はバラエティ番組から報道番組まで幅広く担当していきます。

石井亮次アナに 転機が訪れたには2012年夏になります。

芸人の友近さんの誘いで中居正広さんの番組「うもれびと」に「日本一面白いアナウンサー」として出演しました。ここで好感度が上がりプロデューサーの目に止まり、翌年には 「ゴゴスマ」に大抜擢され、当時東海3県ローカルだった番組を、今では全国制覇も遠くないほどに躍進させました。

2020年3月31日付でCBCテレビを退社したことを機に、4月1日からジャパン・ミュージックエンターテイmントのフリーアナウンサーへ転身しました。

「ゴゴスマ」は同日以降もフリーアナウンサーとしても司会を続けています。

石井アナも中居正広さんの「うもれびと」に出たことで運命が変わっています。

石井アナもこのように語っていました。

人生変わりましたね。あの番組に出ていなかったらいまの僕はありません。中居さんも3月に事務所を退職されて、勝手に運命を感じています。また、一緒にお仕事させてもらいたいですね。「ゴゴスマ」にもぜひ来ていただきたい

引用:女性自身

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

滝 香織/Kaori Taki(@kaorin_taki)がシェアした投稿

石井亮次アナ年収は?

石井亮次アナの年収とても気になりますよね。

局のアナウンサーとフリーのアナウンサーではだいぶ収入が異なることは間違いありません。

調べによるとCBCの 平均年収は1227万円で、愛知県の平均年収・生涯年収ランキングでは1位を獲得している企業になります。

石井アナの場合は局の中でも上位となるので、おそらく年間で 1500万円前後は稼いでいたことが想像されます。

フリーになれば、こちらの金額の3倍~5倍が相場と考えておりますが、実際のところはどうでしょうか?

石井アナは早速、ギャラについての悩みを告白。特に関西テレビ局では必ず聞かれるといい「正直言いまして、微増なんです。社員時代と比べて」と、言うほどギャラはアップしていないと訴えた。

だがこの発言に、他の出演者たちは大ブーイニング。同じ事務所の加藤は「そんなこと、ないと思いますツ!」とキッパリ。元の神田愛花は「帯(番組)やっていて微増な訳がない」と言い放ち、元朝日放送の豊崎由里絵も、石井が元CBCアナであることから「元々地方局でらっしゃるので、フリーになったら余計に上がる」と指摘した。

引用:デイリー

石井アナですがこのように言っていますが、実際はこのような感じです。

「ゴゴスマ」の1本あたりのギャラですが1本10万円だとします。

1週間で50万円

1ヵ月で200万円

1年なら2400万円です。

1本あたり10万円はないので、おそらく少なくしても1本30万円で

1年で7200万円。

その他の仕事もありますので、年間1億円で会社と折半でも 5000万円は稼げていることになります。

「ミヤネ屋」の宮根誠司さんは1本のギャラが120万円なので、知名度が上がり実力がついてくれば1本単価もどんどん上がっていくことになりますんので、テレビにでれば出るほど稼げることは間違いないようです。

スポンサードリンク

まとめ

今回は石井亮次さんの「石井亮次アナのフリーになってからの年収に驚愕!【ゴゴスマ】」について調べてきました。

フリーのアナウンサーになると年収も上がるわかります。それにしても石井アナの人間性が良いのと実力があってこそ今の地位が確保出来ていることがわかります。

何でもそうですが、ここまで来るには 努力なしには成しえないということもわかります。

これからも「ゴゴスマ」を中心にして、色々なところで活躍してくれることを楽しみにしています。

9/4フジテレビの「突然ですが占ってもいいですか?」に登場します。楽しみですね。

最後まで読んで頂きましてありがとうございます。

ABOUT ME
gausu
管理人:Gausu 芸能情報の達人!芸能情報ブロガーGausuです! 芸能人・有名人・著名人・プロスポーツ選手情報を楽しくお届けします。