EVERY 芸能ニュース
エンタメの「今」がわかる
男性芸能人

山﨑育三郎の経歴が凄い!ミュージカル界プリンスの年収は?【クセスゴネタ】

ミュージカル界のプリンス山﨑育三郎さん。

NHK朝の連続ドラマ小説「エール」で役者として久志を熱演!
そして作中で歌った「栄冠は君に輝く」を歌うシーンにおいては言葉にならないくらい感動しました!

そこで今回は「山﨑育三郎の経歴が凄い!
ミュージカル界プリンスの年収は?」と題しまして、ミュージカル・ドラマ・バラエティー番組でも活躍されている、
山﨑育三郎さんについて調べていきます!

 

画像出典:https://mo-mo-town.com/?p=9982

スポンサードリンク

山﨑育三郎プロフィール&経歴

画像出典:https://natalie.mu/music/news/310997

  • ■名前:山﨑育三郎(やまざきいくさぶろう)
  • ■生年月日:1986年1月18日(2021年10月現在 35歳)
  • ■身長:177cm
  • ■血液型:A型
  • ■職業:俳優・歌手
  • ■所属事務所:研音
  • ■趣味:フルーツアート・野球・ゴルフ
  • ■特技:英会話・ピアノ・ダンス

山﨑育三郎さんは1986年1月18日生まれで現在35歳になります。

4人兄弟の3番目として生まれて、幼稚園の時に舞台 「アニー」を見てミュージカルに興味を持つようになります。

小学校3年生の時から歌を習い始め、1997年に全国童謡コンクールで審査員特別賞を獲得します!

そして12歳に時にはアルゴミュージカルの「フラワー」のオーディションを受けて、3000人の中から主役に抜擢されます。

2001年に東邦音楽大学付属東邦高等学校の声楽科に入学します。
2002年7月にはアメリカ合衆国のミズーリ州にあるノースカントリー・ハイスクールへ語学留学します。

アメリカの高校へ留学した山﨑育三郎さんは、全生徒2000人の中でただ一人のアジア人だったことで、いじめの標的にされてしまいます。

その時のことをテレビ「1億人の大質問!?笑ってこらえて!」に出演した時にこのように語っています。

 

入学初日から「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の(いじめっ子の)ビフみたいのがきて、4、5人で倒されて」登校こそしたが、トイレに隠れたり、授業の合間も身をすくめるように過ごすなど、おびえる日々だったという。

そんなある日、ダンスパーティーが開催されることになったという。ほぼ引きこもり状態だった山﨑は「まずいと思って」出席を決意した。500人ほどが参加したパーティーは、アップテンポな曲が流れると、ダンスが得意な生徒が真ん中で踊って喝采を浴びるスタイル。12歳からミュージカルに出ていた山﨑は「俺が今、真ん中で1人で踊ったら、明日から何か変わるんじゃないか?」と覚悟を決めたという。

ちょうど真ん中に付くと、タイミング悪く「あまり聞かない」(山﨑)ヒッポホップ風の曲だったという。それでも、意を決してリズムに合わせ、ミュージカル風のダンスを披露。「1人に女の子が「イク!」って言ってくれたんです。そしたら500人が「イーク!イーク!」って。涙目でヒップホップに合わせながらミュージカルダンスを踊って、みんあわーっと来てくれて、ハグしてくれて」。いじめられっ子からちょっとした人気者になった瞬間をうれしそうに振り返った。

いじめっ子だったビフの態度にも大きな変化があったという。「次の日からビフもハグしてくれて。「お前、最高じゃねえかよ」って。その1日で全てが変わったんですよ」。

引用:スポニチ

 

これが出来たのも小さな頃からミュージカルを学んできたからこそなんですよね。

異国の地でこの勇気のある行動、凄すぎます。

2005年に東京音楽大学声楽演奏家コースに進学しています。

2007年大学在学中にミュージカル「 レ・ミゼラブル」のマリウス役に抜擢され、ミュージカルデビューを果たします。

山﨑育三郎さんが演じたマリウスは若手俳優の登竜門としてしられる役どころで、舞台に専念するために大学を中退します。

14代目マリウス役を演じきり、評価を上げた山﨑育三郎さんはボーカルグル【ESCOLTA】のメンバーとして「愛の流星群」でメジャーデビューを果たしました。

それ以降も舞台で活躍していきます。

  • 2010年 「モーツァルト!」
  • 2011年 「嵐が丘」「ロミオ&ジュリエット」
  • 2012年 「ミス・サイゴン」
  • 2015年 「エリザベート」

舞台以外でも映画やドラマ、バラエティーにも出演しています

 

  • 2008年 映画「夏休みのような1ヵ月」
  • 2009年 バラエティ「さんまのSUPERからくりTV」
  • 2016年 ドラマ「お義父さんと呼ばせて」
  • 2016年 ドラマ「悪党たちは千里を走る」
  • 2017年 ドラマ「突然ですが、明日結婚します」
  • 2017年 ドラマ「あなたのことはそれほど」
  • 2019年 ドラマ「白い巨塔」
  • 2019年 ドラマ「おっさんずラブ」
  • 2020年 連続ドラマ小説「エール」

この他にも、舞台・ドラマ・司会・MC・映画・テレビアニメ劇場アニメ・吹き替え・ゲーム・ラジオ・バラエティ・CMと各方面において引っ張りだこ

山崎育三郎さん仕事に対しての熱さが伝わってきました。

スポンサードリンク

山﨑育三郎の年収は?

舞台・テレビ・映画で活躍している山﨑育三郎さんですが、これだけ様々な場所で活躍していれば、当然稼ぎも良いと思ってしまいますよね。

ミュージカル俳優の年収を調べてみると、劇団四季の主役クラスの方は 年収1500万円ほどと言われています。

山﨑育三郎さんの場合、主役クラスの上かと予想されますので3000万円とします。

2021年には4つのCMに出演しています。ギャラはかなりの開きがあるかと思いますが、1本2000万と想定して 4本で8000万になります。。

そしてドラマやバラエティなどへの出演で 5000万円。

この3つの柱を合算すると 1億6000万は稼いでいる計算になります。

これでも少なく見積もっている計算なので、実際のところさらに稼いでいるのではないかと想像されます。

さすがはプリンスという年収ですよね!

 


まとめ

いかがでしたでしょうか?

「山﨑育三郎の経歴が凄い!ミュージカル界プリンスの年収は?【クセスゴネタ】」と題しまして、山﨑育三郎さんについて調べてきました。

舞台はもちろんのこと、映画やドラマ・バラエティでも大活躍でした。
山﨑育三郎の名前をもっともっと世界に人にも知ってもらえるように、演技力と歌声でこれからも多くのファンを魅了してほしいですね。

 

ABOUT ME
gausu
管理人:Gausu 芸能情報の達人!芸能情報ブロガーGausuです! 芸能人・有名人・著名人・プロスポーツ選手情報を楽しくお届けします。